満開の桜と馬頭琴の音色

新郎さんはモンゴルの珍しい民族楽器”馬頭琴”の奏者

サランモルという名前のグループで活動されています。一度チェックしてみてください!

せっかくだから一緒に撮ろうよ!と、家に寄り、持ってきてもらいました

角ばった木製ボディにヘッド?部分には馬の頭。変わった形です

しかも、弦はたったの2本!

ポーズだけじゃ雰囲気でないから、と適当に弾いてもらったら…

ここはどこ?本当にモンゴルの風を感じた気がした

モンゴルといえば遊牧民

本当に目の前に延々と続く草原を感じるような倍音豊かな音色

たった2本の弦とは思えないような響きにうっとり

撮影しながら聞き入ってしまいました(^_^;)

満開の桜と1千年以上の歴史を誇る馬頭琴の響き

贅沢な時間でした

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Entry

お気軽にお問い合わせください

名古屋市営地下鉄鶴舞線・大須観音駅から徒歩5分、堀川沿いにstudio Leafはあります。スタジオのレンタルも行なっています。
「こんなことできますか?」「こういう写真が撮りたい!」など、お気軽にメールフォームからご相談ください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP